結婚式や披露宴では上品なドレスが求められていますが、実際にどの装いで結婚式や披露宴に行けばいいのでしょうか。まず、結婚式の服装は普段のワンピースではなくパーティドレスが必要です。舞台衣装の様な派手なロングドレスや、品のないお水系のドレスは避けるべきです。さらに、小物にも気を使う必要があります。まずアクセサリーはパール系が良いでしょう。カバンはこぶりなパーティーバッグ、靴はパンプスを履いていくとはずれないでしょう。

 また、全体的な色合いにも気を配る必要があります。色合いと言ってもタブーさえ把握しておけばさほど難しい問題ではありません。まず、全身真っ白の服装は避けるべきです。白は結婚式の主人公である花嫁のウエディングドレスの色とかぶってしまいますから、白をベースとするパーティドレスの場合には紺や黒などの羽織モノで全体的なイメージを白から遠ざけると良いでしょう。白でなくても全体として白っぽい感じの装いもタブーです。クリームやベージュ、シルバーであってもやはり全体的なイメージが白くならないようにするべきです。

 全体的に白くなければかまわないというわけではありません。喪服のような真っ黒な装いも避けるべきでしょう。黒のパーティドレスであっても明るい色の羽織物やバッグ、靴などを合わせて全身黒は避けましょう。

 また、素敵なドレスであっても肩出しや過度な露出は避けるようにしましょう。ノースリーブのドレスの場合には羽織モノが必要です。また、スカートも膝上10cm以上の短い丈や、胸の谷間を強調した襟ぐりなども結婚式やお昼の披露宴では避けるべきです。カジュアルな披露宴や夜の披露宴の場合はあまり問題にならない場合もありますので、そういったところもレンタルドレスの店員に聞いてみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *