スカートはウエディングドレスの大きな部分を締めている場所です。その形がどのようなものであれ、ドレスの半分はスカートが締めています。スカートの形によって、ロマンティックさや奥行きを演出することができます。保守的で伝統的なものから、スリットの入ったセクシーなものなど、自分が表現したい自分らしさに合わせて選びたいものです。

マーメイドやトランペットのようなスカートの形は、まじりけのないドラマティックな要素そのものです。

ちなみに、ドレスの長さは、結婚式のフォーマル度を決定づけるものです。多くの花嫁が知らないので、これは知っておきたいポイントです。ドレスは長ければ長いほどフォーマルなものとみなされます。慣習にとらわれない洗練さを表現したい人にミニドレスはスマートな選択肢と考えられています。レンタルドレスなどでドレスを選ぶ際には、ドレスの長さの意味を知っておくと、自分に似合うか否かだけでない視点が得られます。

アコーディオンプリーツ、ドレープ、フラウンス、ペタル、ティアードなど、スカートの形にも様々な種類があります。ヒップと太ももは体のラインにそって、ひざ下はフレアに広がるスカートであるマーメイドのスカートは、スリムでセクシーな大人の女性を表現したい女性に人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *